【痔ろう.com】〜腸と肛門の構造〜

sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
ji0rou21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。




sponsored link




ここでは腸と肛門の構造について、詳しく説明していきます。

口に入れた食べた食物は、喉から食道を通って胃へ運ばれます。胃では食物を泥状に溶かし、腸での消化をしやすいように消化して腸へと運びます。
消化物は続いて小腸の十二指腸へと進みます。小腸は十二指腸から始まり空腸、回腸と続きます。小腸の役割は消化・分解・吸収のほとんどを終わらせることです。
小腸まででほとんどの消化を終えた老廃物は、次に大腸の盲腸へ送られます。大腸は盲腸から始まり結腸、直腸と続きます。結腸はさらに上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸の4つに分かれています。大腸では100種類100兆個を超える菌が常に存在していて、外部から入ってきた菌はすぐに攻撃され除菌されます。大腸の役割は、この老廃物を発酵させて残った水分をしっかり吸収し、絞りカスのような状態にした便として体外へ排出させることです。

最後に肛門です。消化物は直腸までに便へと形を変えて、便意という刺激があると肛門に運ばれ、肛門から体外へ排出されます。この運動が排便です。
肛門には内括約筋と外括約筋とがあり、内括約筋のおかげで意識していなくても肛門を締めて閉じていてくれます。外括約筋は下腹部に力を入れると動く筋肉で、この筋肉の働きで便意があると便を排出することが可能となります。


sponsored link



copyright©2013  【痔ろう.com】〜原因・症状・治療〜  All Rights Reserved